介護職員初任者研修

「夜だけ働ける仕事はありますか?」という問い合わせが外国人からよくあります。そこで、この夜勤を希望する外国籍の求職者に介護の仕事を紹介してはどうだろう?と思いました。


私は、未経験の分野です。そこで調べて、介護職の仕事に必要な研修として、「介護職員初任者研修」というものがある事を知りました。


これは、2〜3ヶ月で終了する事ができます。これなら、外国人でも受けられるかも!しかも、この研修を受けると、応募できる介護施設の数がかなり広がり、お給料も高くなります。


しかし、ここでも問題になるのが、やはり日本語。


ある学校に問い合わせると、この研修終了時のテストに合格できず、結局、諦めた外国人もいる、と言います。「外国人向けのテキストはない」と言われました。


さらに、色々調べて、「ふりがな」が振られているテキストを販売している出版社に辿り着きました!


しかし、守秘義務の関係で、販売している学校名は教えられない、と言います。またしても壁。


仕方がないので、茨城県の県庁に訪問した際、福祉政策課から頂いた学校のリストをあたって、数校電話で問い合わせしました。


すると、ありました!!


ふりがながあるテキスト使ってる、と言います!これで、外国人の介護職への門戸が開かれるかも!!


ここまでやる人、あまりいないのでは...





0コメント

  • 1000 / 1000