【古河市】「市長と語ろう町づくり」

先日、19時から開催された「市長と語ろう町づくり」に参加しました。

私は、市長の説明の後、このような意見を出しました。


① インバウンド取り込みの施作を入れて欲しい!計画に「インバウンド」と言う言葉が一つも見られなかった。

② 計画に「企業誘致の推進」とあるが、誘致しても人を確保できないのが、企業の悩み。今、外国人労働者に頼るしかなく、その為の住居を確保する何らかの施作を考えて欲しい。


①についてですが、古河市は、昔、城下町であった事から、歴史的建造物も多く、もっと、観光事業を頑張れば良いと思います。そして、その際、もう日本人はガン無視して、外国人をターゲットとして宣伝をすべき!


だって、落とすお金が全然違う!インバウンドによる経済的インパクトは半端ではない!市を挙げてインバウンド取り込みに積極的に取り組むべきだと私は思います。


②については、お隣の八千代町が失敗例だと、私は思います。八千代町の土地の大部分が農地で、アパートが建てられる土地が非常に少なく、働く人達の為の住居が本当に少ない!多くの人たちが隣町から通うしかないのです。


あと、もう一つ私が意見を出したかったのは、孤立化しがちな、お一人でお住まいの高齢者にもっと「生きがい」を感じてもらえるような事をしてもらいたい、と言う事。


会が終わった後、個別に市長に伝えましたが、古河市は、高齢者向けの催しが少ないように思われ、もし、やっていたとしても、高齢者に伝わっていない!


市長もおっしゃっていましたが、高齢者が元気でなければ、町も元気にならない、という事。これ、とても重要ですよね!!


みんなで、古河市を良い町にしよう!!


オリーヴ・ネット(株)

0コメント

  • 1000 / 1000